FACULTY OF FOREIGN LANGUAGES
CONTENTS

学科紹介

スペイン語学科MV
外国語学部
スペイン語学科
未来を広げる
 
多様性に満ちた
スペイン語圏の世界へ
スペイン語学科特徴2024
Features of Learning
華やかなヨーロッパ文化と豊かなアメリカ大陸の文化とが混淆する現代のスペイン語文化圏。世界で5億人以上が話し、グローバルなビジネスの現場でも用いられるスペイン語の修得は、あなたの可能性を拡げてくれることでしょう。スペイン語学科では、語学サロンや、スペイン語プレゼンテーションクラス、DELE検定試験のレベルに合わせたネイティブクラスなど、留学や資格取得を視野に入れて実践的にスペイン語を修得します。また、スペイン語圏の文化を楽しく学ぶ「体験型」カリキュラムも魅力のひとつです。
世界で
5億人以上が話す
スペイン語を修得
FEATURES

学びの特徴

ネイティブ教員と楽しく学ぶ「体験型」カリキュラムや、
留学や将来を見据えた語学力向上の「実践的」カリキュラムが満載。

スペイン語は約20カ国・地域で使用される国連の公用語です。スペイン語学科ではゼロからスペイン語を効率的に習得できるカリキュラムを設置。多くの学生がスペインやメキシコに留学します。スペイン語学科に学習意欲と満足度の高い学生が多いのは、在学中から学習効果と自己成長を何度も実感しているからです。それをスペイン語学科独自カリキュラムの6つの特色で説明します。
特色
1
留学準備を強力にサポートする「基礎力養成プログラム」
多くの学生が二年生後期からスペイン語圏に長期留学。これを支える独自カリキュラムが入学後一年間半続く「基礎力養成プログラム」です。この期間「文法・語彙・会話」+「スペイン語相互学習(SAM)」+「日本紹介スペイン語」の各科目が緊密に連携し、基礎を繰り返し学べる反復学習システムが確立しています。だから、たった1年半の学習期間でも留学に必要なスペイン語力を身につけることができるのです。
特色01
特色
2
学年を超えた学びの場、「スペイン語相互学習(SAM)」
「スペイン語相互学習(SAM)」とは、週に一度、上級生から一対一でスペイン語を学ぶ時間です。その週学んだ「文法・語彙」の総復習を行います。この制度を導入して以来、学生達の学習意欲も満足度も大幅に上昇しました。学習活動に加えて上級生との交流タイムもあり、初対面の人と接する対人スキルも自然に身につきます。
特色02
詳しくはこちら
スペイン語相互学習(SAM)
学年を超えた交流で学習意欲に火がつく
スペイン語学科生はだれもが留学を目指し、とても熱心に勉強しています。そのきっかけとなるのが「スペイン語相互学習(SAM)」です。これは、一年生が上級生から個人指導でスペイン語を学び、上級生になると今度は教えることでさらに学びを深めることができる相互学習活動です。参加する上級生(2-4年生)は意欲的で、留学経験も豊富なので、一年生に与える影響力は絶大です。尊敬する先輩達の留学体験談がきっかけで留学にあこがれ、スペイン語の学習意欲に火がついた一年生が毎年どれほど多いことか。この活動ではスペイン語の理解が深まるだけでなく、毎回異なる上級生と接することで対人スキルも自然に身につきます。その効果を参加学生のアンケート結果からご紹介しましょう。
参加者アンケート
SAMに1年間参加してスペイン語の理解は深まった
参加者アンケート01
SAMに1年間参加してSAMに一年間参加して初対面の相手と話す抵抗感が減ったか
参加者アンケート02
総合的に考えてSAMに参加してよかった
参加者アンケート03

受講者の感想

「最初など分からないことだらけであったが先輩達が丁寧に教えてくださったおかげで理解が進むようになった。やはり先生方たちとは違って年齢が近いと同じ立場で物事を考えられることが良い点であるなと感じた。次年度は教える立場になるのでしっかりと準備して臨みたいとおもう」
「授業でわからなかった点や疑問に思った点を毎週聞くことができたので、とても良かったです。先輩方が優しくて、交流タイ ムが楽しみでした。普段、関われない先輩方と交流ができたことが嬉しかったです」
「初対面(上級生)の人と話す抵抗が無くなったというのもありますし、純粋にお話する機会を設けていただけてありがたかったで す。授業中には理解しきれなかった学習内容が先輩との学習によって理解出来たり、理解が深まったということがあったの で、SAMはスペイン語学習にも有効だと思いました。このSAMの 活動を通して、他学年との交流、語学力の向上という2つの利点があり、来年もぜひ参加させていただきたいと思いました」
「はじめは初対面の相手と話すことに少し抵抗がありました。しかし、SAMのおかげで、まずそこを克服することができました。 スペイン語面では仲良くなった先輩にSAM以外でも教えてもらうなどかなり助かった部分がありました。僕は参加してほんと うに良かったと思っています。この春休み、苦手な部分を克服して、2年生のときには、後輩に教える立場として SAMに参加したいです」
特色
3
スペイン語表現力を磨くプレゼン教育プログラム
スペイン語学科は、プレゼンテーションスキルを体系的に学ぶ教育プログラムを3年間実施しています。1年次「初級ワークショップ」でスペイン語プレゼンの基礎を学び、2年次の「中級会話②」と3年次の「上級表現演習②」は週に一度の本格的なプレゼン実習があります。最初はみんな緊張で足が震えますが、練習を重ねていくうちに自信が生まれ、やがて見違えるような表現力を身につけていきます。
特色04
特色
4
スペイン語圏文化を体験的に学べる「スペイン語サロン」
スペイン語学科のネイティブ教員は皆とてもフレンドリー。週に三回、研究室を開放し、学生たちとスペイン語での交流を図る「スペイン語サロン」を実施しています。スペイン語圏のゲームを楽しんだり、流行やテレビの話題を比べるなど、授業とはまったく違う話で盛り上がり、学年を超えた交流も生まれています。
特色05
特色
5
高い授業満足度
毎年の「授業改善のための学生アンケート」でわかることがスペイン語学科生の授業満足度の高さです。全学レベルでも際立っていて、例えば、2017年拓殖大学全学部の中で「授業満足度」のトップがスペイン語学科で、スペイン語授業科目全体の平均値は4.23(5段階評価)に達しています。スペイン語学科独自カリキュラムの学習効果はこんな形でも現れています。


詳しくはこちら

授業評価1位の理由

スペイン語学科の「授業満足度」は拓殖大学で第1位(2017)
拓殖大学では「授業改善のための学生アンケート」を毎年実施して、授業に対する学生の意見を調べています。
アンケートの調査項目の一つが「授業満足度」で、学生は5点満点で回答します。

2017年拓殖大学全体の中で「授業満足度」の一番高かった学科がスペイン語学科で、スペイン語授業科目の平均値は4.23でした。
過去、5年間を比較してみると、スペイン語学科の「満足度」常に4.0以上で、2013年が4.09で、4.11、4.14、4.15、4.23と5年間連続で上昇してきています。
授業評価1位の理由
どうして、スペイン語学科は、こんなに「授業満足度」が上昇しているのでしょうか。
その背景にはスペイン語学科の教育改革の推進があります。
スペイン語学科は「教育力」で勝負する学科づくりを目指しています。初年次教育を中心に「初級文法」と「初級語彙」の授業内容を「スペイン語相互学習」(2015年度より授業化)と連動させ、基礎を繰り返し指導する体制を整備すると、実施一年目にして早くも学習意欲と成績の著しい向上が見られました。その結果、留学意欲も高まり、より多くの学生がスペイン語圏留学を体験するようになりました。

同時に、ネイティブ教員のオーラルコミュニケーション訓練の少人数制必修科目(「初級会話(1年次週2コマ)」「中級会話(2年次週3コマ)」「上級表現演習(3年次週3コマ)」)の授業改革も実施し、これらの授業全ての教科書とシラバス、そして指導方法を統一しました。また、単位認定科目「オンライン語学研修」を2015年に新設して、スペイン語運用能力をさらに伸ばせる機会を提供しています。

さらに2016年度からは「中級会話」と「上級表現演習」3コマ中各1コマで本格的なスペイン語プレゼンテーション指導を導入し、
口頭運用力と発表力の指導を強化し、学生達のプレゼンテーション能力も着実に進歩しています。

スペイン語学科の「授業満足度」の連続的上昇は、このようなスペイン語教育改革の効果が学生達の間に定着しつつある反映と考えられます。


学科DATA

取得できる学位
学士(スペイン語学)
留学生
11名(外国籍学生)
入学定員・学生数
入学定員50名 学生数172名
学生男女比
男子48% 女子52%
関連する資格・試験
  • 国内旅行・総合旅行業務取扱管理者
  • 秘書検定
  • 通訳案内士
  • 日商ビジネス英語検定
  • 実用英語技能検定
  • TOEIC®
  • TOEFL®
  • 中国語検定
  • HSK(漢語水平考試)
  • TOCFL(華語文能力測検)
  • スペイン語技能検定
  • DELE(スペイン語検定)
  • 教員免許(中学校教諭・高等学校教諭) など
進路の方向性
  • 航空業界
  • 旅行業界
  • ホテル業界
  • 貿易業界
  • 総合商社
  • 海外企業
  • ジャーナリスト
  • NGO・NPO
  • 通訳
  • 教員
  • 言語・文化研究者  など
2023年5月1日 現在

在学生VOICE

日本のアニメをスペイン語の音声で鑑賞。
聞き取りはほぼできるようになり
成長を実感。
宮原 歩惟さん
スペイン語学科4年 静岡県 静岡市立清水桜が丘高等学校出身
宮原 歩惟さん
スペイン語学科を選んだ理由は、大学では新しいことを学びたいと思っていたからです。スペイン語はほとんどの学生が初めて学ぶので、初級者が学習しやすいカリキュラムが組まれています。ゼミナールでは日本のアニメをスペイン語で鑑賞し音声の聞き取り、書き取りをしています。日本語の「よろしく」がスペイン語では「調子どう?」と訳されたり、親が子どもに対して敬意を払う言葉を使ったりと、日本との文化の違いも感じます。聞き取りはほぼできるようになり入学時からの成長を実感できました。また、日頃から動画サイトなどでスペイン語の動画や音声を聞くようにし、語学向上のための工夫も行っています。将来は海外も視野に、スペイン語を生かせる仕事に就きたいと考えています。