HOME研究支援 近藤真宣 教授
国際日本語学科長、別科長(別科日本語教育課程)
近藤 真宣 教授
KONDO Masumi
研究分野
もともとは文法研究、特に時間を指定する節を含む複文における前・後節のテンス、アスペクトが関心テーマでしたが、10数年ほど前に「日本語教育評価法」の担当となってから、評価の学習促進効果に関心が向きました。テスト-評価というと嫌な気持ちになる人もいるかもしれませんが、評価をうまく使えば学習の改善につながるのです。そのような効果を得るにはどうしたらよいか、また効果をどう検証したらいいかを考えています。
担当科目
初年次教育ゼミナール、日本語教育評価法、日本語相互学習Ⅰ・Ⅱなど
自己紹介・
学生へのメッセージ
大学時代に数十年後の今の自分になることを想定して学んでいた、と言える人はめったにいません。私も、学生のころに熱中して取り組んだこと(初期イスラム史研究)は今の私にはまったく役立ちません。役立っているのは、知りたいことを知るための道筋をたどる感覚です。ですから、将来に役立つかどうかは脇におき、知的好奇心のおもむくままに、面白そう-知りたい-調べる-考える、ということを繰り返しましょう。考えたことがつながってくると学ぶことがより楽しくなりますが、まずは知的好奇心を活性化させることが大学生にとって重要なことだと考えています。

TOOLS