HOME外国語学部NEWS
2022年11月02日NEWSスペイン語学科

【スペイン語学科】「夜更かし早起き」、スペインでの1日ルーティーン(長期研修ビジュアルレポート②)

今年から海外留学が可能になりましたので、現在留学をしている外国語学部所属の皆さんに、写真を中心とした「ビジュアルレポート」を報告してもらいます。アメリカだけではなく、スペイン、台湾からのレポートも掲載予定です。これから留学を考えている方は是非楽しみにして下さい!
今回はスぺイン・サラマンカ大学に留学している樋口 歩さんのレポートです。

樋口 歩さん(スペイン語学科2年 東京都立豊多摩高等学校出身)

私は今スペインのサラマンカにある国立サラマンカ大学インターナショナルコースでスペイン語の学習をしています。スペインでの生活は日本と異なる部分があるので1日のルーティーンを紹介したいと思います。

寮

寮の写真です。私たちの寮は学校のあるcentro(中心街)から徒歩で30分くらいのところにあります。ここではスペイン人だけでなくメキシコ、ポルトガル、フランス、ドイツなど各国からの留学生と共に生活しています。

通学路

サラマンカの日の出は8時半。寮を出る時はまだ暗く、気温も10度前後で寒いです。この写真は通学路で、中心街の学校に近づくにつれて歴史的な茶色い建物が増えていきます。 中世の雰囲気です。

奥に見えるのがCatedral (大聖堂)

奥に見えるのがCatedral (大聖堂)です。この近くはどこで写真を撮っても綺麗です!

サラマンカ大学インターナショナルコース入口

これはサラマンカ大学インターナショナルコースの入り口です。ここではアメリカや中国、台湾、ドイツなど各国からの留学生と共にスペイン語を学習しています。

伝統行事を実際に体験

学校では文法をはじめ、文学論や歴史、文化、映画などさまざまな授業を選択して受けることができます。この写真は文化の授業でNochevieja(年越し)の瞬間に行う伝統行事を実際に体験してみた時の写真です。 12粒のブドウを模したグミを持っています。

闘牛

ご夫婦

学校は14時と、わりと早めの時間に終わるので、それを利用して午後は闘牛を見たり図書館に行ったりして過ごします。このご夫婦は闘牛を見に行った際に出会った方で闘牛のルールや楽しみ方を教えてくださいました!

スペイン発祥のZARA

スペイン発祥のZARAは日本の店舗より大きく、価格も多少は安く、毎週のように置かれる商品が変わるのが楽しみです。ZARA好きの私は何度も足を運んでしまいます。

ハロウィン

スペインではハロウィンなどのイベントはもちろん沢山のイベントがあるので中心街は特に賑わっています。これはハロウィン仕様のもの。

Plaza mayor1

Plaza mayor2

Plaza mayor3

街の中心の広場Plaza mayor(プラサ・マヨール)はイベントごとにライトアップがされたり、お店が出たり、散歩コースとして以外にもいろんなことが行われる場所です。
サラマンカは日の入りも遅く、スペイン人の夕食は9時以降です。夕食の後、サラマンカの人たちは中心街や広場を散歩します。学生同士も広場に集まり、楽しく話し込んだりもします。日本との大きな違いは夜の時間の有効利用にあると感じました!

夕食の後


以上、サラマンカでの生活について紹介しました。毎日スペイン語で溢れている生活を送れるのはとても刺激になり、日本との違いも日々感じることができます。スペイン留学のレポートはこれからも続くので楽しみにしていてください!

TOOLS