HOME外国語学部NEWS
2022年10月25日NEWS英米語学科

【英米語学科】リアルなアメリカの食生活(長期研修ビジュアルレポート①)

今年から海外留学が可能になりましたので、現在留学をしている外国語学部所属の皆さんに、写真を中心とした「ビジュアルレポート」を報告してもらいます。アメリカだけではなく、スペイン、台湾からのレポートも掲載予定です。これから留学を考えている方は是非楽しみにして下さい!

折田幸平さん(英米語学科3年 埼玉県立本庄高等学校出身)

私は2022年の9月からアメリカ・ワシントン州にあるセントラルワシントン大学に留学しています。アメリカで様々な経験をしていますが特に食生活について驚きがあったので皆さんに紹介していきたいと思います。皆さんがよく聞くアメリカの食文化は本当なのか見ていきたいと思います。

photo9

photo1

寮の食事はダイニングホールでハンバーガー、ピザ、パスタ等のカウンターに行き注文して受け取るスタイルです。そのほかにもサラダバーのあるカフェテリアなどもあります。他にもパンダエクスプレス(ファーストフード・チェーン店)のレストランがキャンパス内にあり中華も楽しめます。アプリからオンラインで注文できるので時間を有効に使うこともできます。寮生は割引があるので3ドルくらいでどの料理も食べることができます。日本円にすると拓大の食堂と同じくらいかそれより高い値段です。

photo2

私は基本パスタを昼か夜には一回注文するのですが毎回量が違っていて面白いです。量が少ないということはなく、多いかとても多いか、とんでもなく多いかなので安心してください。盛り付け方は非常にワイルドです。

photo3

またキャンパスがあるワシントン州はスターバックスコーヒーの発祥の地でもあります。ということでルームメイトおすすめのアメリカでしかできないカスタムのフラペチーノを飲みました。キャラメルと塩キャラメルに加えてバニラの味がしておいしいのですがとても甘かったです。サイズももっと巨大な物もあります。

photo4

甘い系つながりでいうとルームメイトが作ってくれたチキンワッフルもあります。フライドチキンと普通に甘いシロップがかかった上にチョコチップとチョコソースがかかっているワッフルが一緒に出てきます。アメリカではこれを食べる人はある程度いるようでした。最初は驚きましたが意外とおいしいです。説明はできない味なので試してみてください。

photo5

普通のパンケーキもダイニングホール(大学のカフェテリア)で食べられますよ。

photo6

ポッキーが購買に売っていたので買いました。味はクッキークリームでなかなか日本で見ない気がしたのですが非常においしかったです。

photo7

他にも日清が発売しているインスタントラーメンを作りました。日本のインスタントラーメンの味がちゃんとして美味しかったのですが、箸はないのでフォークで食べました。

photo8

最後はアメリカ発のハンバーガーショップマクドナルドです。どういうわけかLサイズの上のスーパーサイズというものがありました。私は最初は様子見でLサイズを注文しました。Lサイズは日本のLサイズとあまり変わらないのでいつも食べている人は思いきってスーパーサイズに挑戦してもいいかもしれません。味は実際に現地に行って同じなのか違うのか確かめてみてください。そして飲み物は一度頼めばドリンクバーになっているので飲み放題です。日本のマクドナルドにはないシステムなのですが日本にも導入してほしいです。価格は約11ドルで円安の影響もあってなかなか高級なランチでした。


以上で長期研修ビジュアルレポート「リアルなアメリカの食生活」をご紹介しました。今後も授業のこと、アクティビティのことなどレポートがありますので、皆さん楽しみにしてください!

TOOLS