HOME外国語学部NEWS
2022年06月28日NEWS中国語学科

2022年度中国語学科就活体験談①「世界一の船を作りたい」

田崎 雄大
所属ゼミナール:関口ゼミ
出身高校:広島県立戸出高等学校
内定先:造船メーカー

田崎 雄大さん

「世界一の船を作りたい」

【インタビュー動画の内容(一部抜粋)】

Q:1社しか受けなかったと聞きましたが……

A:自分は他の人より就職活動を始めたのが早かったので、第一志望の造船メーカーを受けて、内定をいただきました。

Q:どうして造船メーカーを受けようと思ったのですか?

A:今回受けた造船メーカーが建造したフェリーに乗ったことがきっかけで船が好きになり、将来造船メーカーで働きたいと思うようになったからです。

Q:エントリーシート(ES)にこだわったそうですね

A:企業の人事の方は何百枚、何千枚とエントリーシートを見ます。その中で埋もれないように、量産型にならないように工夫しました。

Q:面接のコツを教えて下さい

A:本番で緊張しないためにはシュミレーションを重ねることが大切だと思っています。私の場合は、百個ほどの質問を想定して、どう答えるかを友人や先輩や先生方と何度も何度も練習して本番に臨みました。

Q:最後に造船の魅力をお願いします

A:船は水に進水してから何十年と活躍するものなので、将来、自分に家族ができた時、「これはお父さんが作った船なんだぞ」と自慢できるというのが一番の魅力なのではないかと思っています。

田崎 雄大さん2

*田崎くんは就活が早く終わったので、今はゼミやビジネスコースの後輩にESの書き方を指導してくれています。

田崎流ESのポイント
① 読む人の立場に立って書く
② 時間に余裕を持って仕上げる
③ 一文を簡潔に、句読点は二つまで
④ その企業のエピソードを入れる

TOOLS