HOME外国語学部NEWS
2022年01月07日NEWS英米語学科中国語学科

研究室シャドウイングで桐蔭学園高校生3名が来校

2021年12月に外国語学部中国語学科の永江貴子教授と英米語学科の塩崎智教授が神奈川県・桐蔭学園高等学校生徒に専門分野に関する講義をしました。
桐蔭学園高等学校では、大学での学びの理解を深めるために、高校生が興味を持った専攻分野の大学教員を訪問し、指導を受ける「研究室シャドウイング」を毎年実施しています。

永江貴子教授のコメント

中国語の漢字や発音について学んだ後、それぞれの名前の中国語での言い方、簡単な中国語の挨拶を発音しました。それから、中国語の方言、更にコーパスを使用した中国語研究の一端を紹介しました。
後日、手紙を頂き、「帰宅後、練習しています」、「中国語を学ぶことで、新しい発見を見つけることができました」等と記されておりました。中国語についての理解を深めたかと思われます。

塩崎智教授のコメント

専門分野は日本人米国留学生史だが、日頃から関心を持っている「洋楽で英語を学ぶ」というテーマで、参加者に質問しながら話を進めました。また授業の前に、大学生の就職活動の状況、外国語学部での学びなどについても説明した。
特に洋楽は、英語学習のReading, Listening, Writing, Speaking, Grammarを学ぶのに、適した教材と言えるか、言えるならどのように活用できるか、という点をBon Joviの大ヒット曲It’s my lifeを例に挙げて説明しました。参加者が生まれる前のヒット曲でしたが、皆、知っていたので、関心を持って聞いてくれたようでした。

TOOLS