HOME外国語学部NEWS
2021年04月02日NEWS

2020年度「外国語学部奨学論文表彰」

集合写真

2021年3月23日に卒業式と並行して「2020年度外国語学部奨学論文表彰式」が行われた。今回も全員が4年生で卒業論文・卒業研究からの提出となったため、4年間の学修・研究の成果を余すところなく発揮した結果となった。

① 優秀賞 英米語学科4年 鉄羅 理成(てつら りな)
「Podcast使用の現状と英語教育への活用」

鉄羅理成_

アメリカやイギリスとは違い日本では普及率が高いとは言いがたいPodcastをテーマに論じましたが、中身の組み立てに苦労しました。丁寧に指導してくださった狩野先生に感謝しております。

② 優秀賞 中国語学科4年 石澤 桃乃(いしざわ ももの)
「日本語由来の中国語外来語」-北京言語大学コーパスを用いた受容度の調査-

石澤桃乃

使用量の多い単語は、300件近くの記事をひとつひとつ読んで、使用状況を調査しなければならなかったため、苦労しました。
優秀賞をいただくことができ、大変光栄に思います。

③ 優秀賞 中国語学科4年 佐藤 穂乃美(さとう ほのみ)
「中国語と日本語の呼称の比較」~《创造营2020》おける中国語の呼称~

佐藤穂乃美

《创造营2020》という中国のオーディション番組を視聴しながらの研究だったので、楽しく卒業研究の創作ができました。優勝賞を受賞できてうれしいです。

④ 佳作 中国語学科4年 梶浦 史成(かじうら ふみなり)
「中国語学習継続の要素」-0スタート学習者の視点から-

梶浦史成

執筆を楽しむことができて、どんどん文字数が増えていき、細部の修正や分のつなぎ方などの面では苦労しました。永江先生に多くの助言をいただきました。ありがとうございました。

⑤ 佳作 中国語学科4年 菅原 紬(すがわら つむぎ)
「林明子著『こんとあき』中国語翻訳本の研究」-簡体字版と繁体字版の比較を通して-

菅原紬

資料集めと就職活動の両立に苦労しました。
ご指導いただいた浅井先生ありがとうございました。
卒業後もこの経験を活かし、私のペースで私らしく成長していきたいです。

TOOLS