HOME外国語学部NEWS
2020年02月14日英米語学科

英米語学科ゼミナール報告「卒業研究発表会」

1月27日(月)八王子国際キャンパス恩賜記念館において、長谷川ゼミ、狩野ゼミ、大野ゼミ、3ゼミ合同の卒業研究発表会が行われました。ゼミ生たちは、何ヵ月もひとつの問題に取り組んできました。準備のため、夏休みや冬休みには合宿をしたり、学期中は、図書館や学生ホールで、朝から晩まで発表会の準備をしたりしました。当日は、各ゼミ特徴のあるプレゼンテーションを約1時間にわたり披露し、その後の質疑応答では、会場の学生たちと活発な意見交換が行われました。
 
長谷川ゼミは、「ちょっと待って!そのグローバル化ホントに大丈夫!?」というテーマで、耳触りの良い言葉「グローバル化」に問題を投げかけました。会場からは多くの質問や意見が出され、考えるところが多かった様子です。

20200214_english_01

狩野ゼミは、「あなたの言葉で人のやる気にレボリューション☆」というタイトルで、アンケート調査を基にミルンモデルを検証し、今時の若者にやる気を起こさせる言い方を提唱しました。

今年の大野ゼミのタイトルは「馬と鯨―no more A than Bにみるノーサイドの精神-」で、”A whale is no more a fish than a horse is.”いわゆるクジラ構文に取り組みました。学生たちの小芝居で、複雑なクジラ構文を、段階を追ってわかりやすく解説してくれました。
 
多くの3年生が聴衆として参加してくれましたが、彼らがゼミの伝統を受け継いで行ってくれることと思います。

20200214_english_04

20200214_english_02

20200214_english_03

英米語学科ゼミナール報告 MOVIE

TOOLS