HOME外国語学部NEWS
2018年12月12日NEWS

イギリス、エクセター大学長期研修報告

10月15日から2週間ほどの様子を報告させていただきます。
まず、10月15日は中嶋君の誕生日だったので、イギリス長期研修のメンバーと、ジェネラルイングリッシュのクラスメイトだった韓国人と中国人の2人とバースデーパーティーをしました。
皆そろっての食事は久しぶりだったので皆とても楽しそうでした。

学校生活については、ジェネラルイングリッシュからアカデミックイングリッシュにプログラムが変わり、皆最近ようやく慣れてきた頃かと思います。
最初の頃は、ジェネラルイングリッシュとの勉強時間や、クラスのムード、勉強のレベルなどのギャップに凹んでいました。
私たちが勉強をしているドゥリヤードハウスにいる生徒はほとんど中国人で、私のクラスは16人クラスなのですが、中嶋君、小波津君、鈴木さんと同じクラスで、1名他にサウジアラビア人がいる以外皆中国人です。

20181212_kensyu_01

よく中国語が飛び交う教室では、まるで中国に留学しているような気分です。最近では以前よりも彼らと打ち解けて話すことも増え、クラスも居心地良くなってきました。しかし、課題も増え、英語で書かれた論文などの文献を探し、エッセイを書いたり、今週にはプレゼンの発表もありますし、リサーチジャーナルなど、どのようなものかも提出の直前までわからず、慌ただしいスケジュールです。とりあえずやらなくてはとこなしていますが、クラスには既にこういったアカデミックなエッセイやプレゼン、リサーチジャーナルを習ったことがある生徒もおり、彼らはてきぱきとこなしているようです。
また、夏学期は拓殖大学のメンバー7人揃ってランチを食べていましたが、スケジュール的に今は難しくなり、ランチ休憩が重なった際はお互いの近況や悩みなど話し合い、皆の現状は大体把握できています。
 
ホームステイについてですが、私はホストマザーと二人暮らしです。元々カナダ人のマザーにはパートナーがおり、家に泊まることもあります。今日も一緒に3人で夕飯を頂きした。学校に行くまで1時間ですが、バス停まで歩いて3分で、そのバス停にはスーパーマーケットもあるので学校のランチを買うのにとても便利です。マザーには成人した子供が3人おり、皆子供がいるので、2歳から6歳の子供達が家に来ます。皆私と会うのを喜んでくれ、日本から持ってきた折り紙で一緒に遊んだりしています。子供の喋る英語は聞き取りづらく、理解できないことが多いですが、彼らも一生懸命伝えようとしてくれます。皆とても優しく、居心地が良いです。
また、昨日でサマータイムが終わりました。ジェネラルイングリッシュの時は学校が10時始まりだったのですが、今はほとんど9時始まりなので、朝起きると外が真っ暗で、寝たばかりなのに起きなければならないというような感覚に陥り、私も含め皆疲れ気味です。これからどんどん日が短くなるのかと思うと、気が滅入りそうです。さらに、ここ数日でめっきり気温も冷え込みました。私は特に寒がりなので、分厚いダウンジャケットを着始めましたが、風がとても冷たく、手足が凍えてしまいそうです。

20181212_kensyu_02

さらに、現在学校で風邪が流行っており、私もつい数日前に喉風邪をもらってしまったようです。私はイギリスに来てから既に2回風邪をひいており、帰宅してから手洗いうがいは毎回していますし、毎晩マスクをして寝るなど気をつけてはいるのですが、免疫力が低下しているようです。現在は現地の風邪薬やのど飴を使用しています。
また、現地主事のしまこさんの紹介でタンデム(現地の日本語を習っている生徒との個別交流)を皆始めました。私はエイミーさんという方と知り合い、LINEで連絡を取り合っています。現在会える日程を相談しているところです。
 
一昨日の金曜の放課後は、鈴木さんとジャパニーズソサエティーで知り合ったスペイン人のアンさんと3人で、パブで学校のことやお互いの国のことから色々なお話をしながらゆっくりディナーを頂きました。

20181212_kensyu_03

昨日は学校の主催していたワンデイトリップに滝沢君、小波津君、鈴木さんと参加しウェールズのカーディフに行ってきました。カーディフ城やミュージアムなどに行きました。小雨が降っていたり、狭く寒く空気の乾燥したバス移動は大変でしたがとても楽しかったです。

20181212_kensyu_04

勉強がとても忙しいですが、プライベートの時間でしっかり息抜きをして、心と体のマネジメントをすることが大切に感じました。
 
外国語学部英米語学科3年
濵田奈緒美

TOOLS