HOME学科紹介英米語学科 学科の国際交流(留学・サロン)

学科の国際交流(留学・サロン)

英米語学科には大変充実した留学制度があります。留学人数も多く、諸費用の点でも援助があり、大変評判が良いです。

留学の種類

短期研修(約4週間)

短期研修では、外国語や現地事情などの異文化学習をすることが目的です。 つまり、英語をより積極的に学ぶための動機づけをするための研修です。
研修先
ランガラ・カレッジ(カナダ)
ビート・ランゲージ・センター(イギリス)
ニュー・サウス・ウェールズ大学(オーストラリア)

長期研修(約6ヶ月)

長期研修は、外国語・現地事情を学ぶ異文化学習のための留学制度で、言語運用能力向上を目指すことです。
研修先
セントラル・ワシントン大学(アメリカ)
エクセター大学(イギリス)
ニュー・サウス・ウェールズ大学(オーストラリア)
ランガラ・カレッジ(カナダ)

交換留学(約1年)

交換留学は、語学力の向上を目指し、現地の学部で専門分野を学習する留学で、本学と交流協定を結んでいる大学への留学制度です。詳しくは留学に関する質問とその答えを参照してください。

留学Q&A

留学に関する質問にお答えします。
Q:英語圏の留学にはどんな種類?
A:短期研修、長期研修、大学間交換留学の3種類があります。その他、「個人研修奨学金」といって、第2外国語の国に、短期間留学する制度があります。
Q:短期研修の時期と留学場所を教えてください。
A:夏休みの4週間~5週間を利用するカナダ(ランガラ・カレッジ)とオーストラリア(ニュー・サウス・ウェールズ大学)、春休みの4週間を利用するイギリス(ビート・ランゲージ・センター)の研修があります。また、その期間、英米語学科の先生が引率する場合もあります。学生全員ホームステイです。
Q:短期研修では、選抜試験はありますか? また、1年生でも参加可能ですか?
A:試験はありませんが、面接をします。ただし、希望者多数の場合には選抜試験を行った上で、面接をします。1年生でも参加できますので、1年次に短期研修、2年次に長期研修に行くのが理想的だと思います。研修終了後は、「海外語学研修」として4単位も認定されます。
Q:長期研修の時期と研修場所、参加可能な学年を教えてください
A:アメリカ(セントラル・ワシントン大学)、イギリス(エクセター大学)、オーストラリア(ニュー・サウス・ウェールズ大学)、カナダ(ランガラ・カレッジ)の4大学に、秋から6ヶ月~7ヶ月間の研修です。2年次から参加可能です。(応募は1年次の終わり頃になります) 3年次に留学する人も いますが、就職活動が3年生の10月頃から始まりますので、帰国する翌年の3月までの約5ヶ月間は就職活動が出来なくなってしまいます。2年生で参加した方が就職活動に支障がなく、安心して研修生活を送れるのではないかと思います。
Q:長期研修では、選抜試験はありますか?
A:あります。TOEIC®など英語能力テストを受けて、そのスコアを提出してもらいます。学内でも受験できます(詳細は学務課または就職課に確認してください)。応募時までに、500点必要です。
Q:TOEIC®はどのような試験ですか?
A:TOEIC®テストは、英語コミュニケーション能力を公平公正に評価する世界基準で、世界約160ヶ国で実施、国内では200万人以上が受験しています。
(1)TOEIC L&R(=Listening & Reading)Test
国際ビジネスコミュニケーション協会が、年10回(1・3・4・5・6・7・9・10・11・12月)実施しています。
※別途、TOEIC S&W(=Speaking & Writing)がありますが、長期研修への出願では使用出来ません。
(2)TOEIC L & R IP(Institutional Program) Test
本学では団体特別受験制度を利用し、学内でTOEIC試験を実施しています。詳細は学務課または就職課に確認してください。
Q:長期研修に参加すると留年しなくてはいけませんか?
A:留年の心配はありません。研修中の単位が認められるので、4年間で卒業できます。
Q:長期研修は期間が長いので、費用がどのくらいかかるのかが心配です。奨学金はないのでしょうか?
A:留学先学費には本学より奨学金が支給されます。
Q:交換留学について教えてください。
A:英米語学科からは、アメリカのメリーランド大学ボルチモア校とセントラル・ワシントン大学への交換留学実績があります。現地の学費が奨学金として免除され、また派遣国によってはさらに年度によっては奨学金として月8万円が支給されることもあります。
Q:留学制度についてもっと詳しく知りたいのですが、どうしたらいいでしょうか?
A:国際課に行くと「海外留学プログラムガ イド」を配布していますので、より詳しいことが分かると思います。また、短期研修や長期研修に行った先輩の体験談をまとめた小冊子(「研修報告」)を閲覧 することが出来ます。また、英米語学科の先生にも気軽に質問してください。因みに八王子国際課は麗澤会館(「りたく」と読みます)の一階にあります。

それぞれの留学先大学へのリンク

アメリカ/セントラル・ワシントン大学Central Wasington University University English as a Second Language
イギリス/エクセター大学University of Exeter English Language Centre
イギリス/ビート・ランゲージ・センターBEET Language Centre
オーストラリア/ニュー・サウス・ウェールズ大学University of New South Wales Institute of Languages
カナダ/ランガラ・カレッジLangara College International Education

英語サロン

語学サロンブース(12:40~13:10)

語学サロン_01

パイパー先生の英語サロンの様子
麗澤会館2階のサロンブースで英語ネイティブの先生が昼休みに英語サロンを実施しています。
昼食をとりながらネイティブの先生とおしゃべりをするサロンは、授業とは違い、リラックスした雰囲気の中で楽しく英語を身に付けることができます。
英米語学科以外の学生も参加可能です。とりあえず一度参加してみてください。

参加学生の感想

  • パイパ―先生はとても優しいから緊張しないで英会話を楽しめる。冗談好きでおもしろい!
  • イギリス英語だけどわかりやすい︕
在学生の皆さんは、語学サロンの担当教員、日程などの最新情報をTakudai Portalで確認してください。

TOOLS