HOME国際交流・留学留学先グルメ紹介 留学先グルメ~教員編 台湾料理

留学先グルメ・教員編 その7 台湾料理
―フージョン中華料理のおススメ

台湾料理と中華料理ってどうちがうの? 今回は、この質問に、台湾出身の中国語学科の非常勤講師、樂大維(ガク・ダイイ)先生に答えていただいた。

ウーロン茶と樂先生

ウーロン茶と樂先生

台湾料理と他の中華料理の違いー(フージョン中華料理?)

結論からいうと、台湾料理と中華料理は見ただけでは区別がつきにくい。
台湾は多民族社会で料理の種類もさまざま。また、昔、中国本土からの移住者もいたため、中国各地の料理が入ってきて、各料理をミックスしたようなアレンジ品などもある。

台湾の家庭料理―(手軽な食材を使用)

台湾の家庭料理は手に入りやすい食材をもとに作られている。それを象徴する番茄炒蛋(ファンチエチャオダン)という炒め料理がある。材料はトマト(番茄)と卵(蛋)と手に入りやすく、味は塩味や酸味、そしてほのかな甘みがある。
また、白斬雞(バイヂャンジ)という料理がある。鶏肉(雞)を丸ごとゆで、包丁で切り、盛りつけるシンプルな料理だ。食べ方もシンプルで、しょうゆとニンニクを混ぜたタレにつけて食べる。見た目が白いことから料理名に「白」がつく。

名物夜市の有名料理―(海鮮からデザートまで)

台湾と言えば夜市が有名だ。有名なのは、辺りに独特な匂いをただよわせる特臭豆腐(チョウドウフウ)だ。しかし、樂先生が特におススメするのは豆花(ドウホワ)という豆乳プリンだ。トッピングにタピオカやピーナッツなどの甘いもの、そしてお好みでシロップをかけて食べるデザートとして親しまれている。

デザート以外にも胡椒餅(ホジアオピィン)という料理がある。豚肉とネギを小麦粉で包んだ食べ物で、名前のとおりコショウがついている。味がバツグンなのはもちろん、ボリューミーで手軽に食べられ、台湾では約200円で買える。

豆花(ドウホワ)

豆花(ドウホワ)
他にも、海に囲まれているため海鮮を扱った料理、中華料理らしい麺料理なども食べられる。
ちなみに、台湾では食生活に変化がある。健康志向が高まり、油や糖分を控える人や、肉を食べないベジタリアンが増えつつある。

東京のおススメ台湾料理店―(本場の味が楽しめる)

今回登場した料理で、先生におススメの店を訊いた。 
一つ目は駒込駅付近にある「台湾キッチン かのか」、二つ目は台北でも有名な、新宿にある「騒豆花(サオドウホワ)」という店だ。 
味は日本人に合わせてはいるが、どちらも本場の味に近く、「騒豆花」ではおススメの豆花が食べられる。

台湾料理は故郷を思い出させ、人との繋がりを生むと先生は言う。自分は香港で6年間生活したことがあり、樂先生の話を聞いていて、香港の食事を思い出し、当時の生活が懐かしくなった。
(英米語学科3年生 南野太志)

TOOLS