HOMEスペイン語学科 安富雄平 教授
安富 雄平 教授
外国語学部長 安富 雄平 教授 YUHEI YASUTOMI
自己紹介
1956年生まれ。拓殖大学外国語学部スペイン語学科卒業。拓殖大学在学中にどうせ合格しないだろうと思って出願したスペイン政府奨学生に(志願者が少なかったため)書類審査だけで通ってしまい、2年生でスペインへ一年間留学する羽目に。スペイン留学はしかし、教師、友人、ホストファミリーに恵まれ、定住者としてスペイン語文化を実体験。帰国して、気がついたら大学院進学という進路が本人に相談も無く決まっていて、もうしなくて良いと思っていた受験勉強を再開、大学院を経て、1990年から拓殖大学勤務。

科目紹介

「スペイン語文法」 1年生対象の文法は、スペイン語を初めて勉強する人たちにスペイン語文法を網羅的に概観し、スペイン語の基本的な材料を提供する科目です。文法というと、教科書に書いてある言葉の規則を暗記するだけの科目だという誤解があるようですがそうではありません。自分でスペイン語を観察し、規則を見つけてそれを説明できる力を養うのが文法という科目の最終目標です。日本語の文法と対照すると意外な事実がわかって楽しいですよ。

現在の研究課題

「スペイン語音声学」現代スペイン語のプロソディー(リズム、アクセント、イントネーション)を実験音声学的手法を使って調べています。

TOOLS