HOME外国語学部NEWS
2017年02月28日英米語学科

英米語学科海外特派員報告 オーストラリア・シドニー発

トランプ大統領就任のインパクト

英米語学科3年 池庄司 明希記者

今回のレポートでは、世界中で話題となったドナルド・トランプ氏の大統領就任について報告したいと思います。

アメリカ大統領選挙の結果の出る当日、家に返るとホストファミリー皆がテレビの前に集まっていました。 リビングに着くとすぐにステイメイトに「Aki, Trump」と声を掛けられました。 緊迫した雰囲気が漂っていました。ホストマザーと彼女の表情は複雑そうに見えました。 特にホストマザーは、トランプ氏のアメリカ大統領就任という結果に納得行かなかったようで、残念がっていました。
ホストマザーはオーストラリア生まれですが、オーストラリア人とフィリピン人の間に生まれました。 そのため、トランプ大統領のアジア人への皮肉、差別とも受け取れる発言が好きではない、と日本人である私と、インドネシア出身であるステイ メイトに何度も熱く語っていました。 このようなトランプ氏就任の影響は家だけではなく、学校の授業にまで及んでいます。何人かの先生は授業中何かがあると、時々トランプ氏の話を持ち出し、話の例として今回の騒動を使います。さらに、授業で使用するパワーポイントにトランプ氏の写真を使うなど、トランプ大統領の批判ともとれる発言、言動がこの日以降、数々あったように感じました。

今回の選挙結果がアメリカだけでなく、オーストラリアの日常生活にも影響を与えていると生活を通して感じました。
ホストファミリーとの会話の多くは、その日1日の出来事、ホストの3人の子供達の話で占められています。その他にも、オーストラリアのイベントやオススメな場所など現地の話題、日本の事、自分自身の事、ホスト自身の事などももちろんあります。何を話していても、皆が自分の意見を述べることが当たり前になっています。しかし、今まで自分が無知(?)だった政治の話で、これほど盛り上がるとは思ってもいませんでした。会話の良い勉強になりました。

20170228sydney

台湾出身のクラスメイトとの写真
掲載日:2017年02月28日

TOOLS