HOME外国語学部NEWS
2013年10月18日スペイン語学科

南米コロンビアの民族音楽とダンスを堪能した一日

10月4日(金)、駐日コロンビア大使館の協力で、コロンビアの音楽と民族舞踊をテーマにした特別講演会が開催されました。
 

スペイン語学科生だけでなく、スペイン語やラテンアメリカ文化に関心のある多くの学生や教職員が参加して大盛況でした。講師はコロンビア大使館文化担当官の栄ノリエ氏で、プロダンサーによる迫力満点のダンス実演にだれもが魅了された素敵な講演会でした。


今回のイベントに参加した学生の感想をご紹介します。

スペイン語学科3年生 仙北屋友美さん

私はメキシコ長期留学に参加したことがあります。
そのためメキシコの民族音楽についての知識はありますが、コロンビア音楽は全く初めての体験でした。

20131018_01senbokuya01-thumb-230x153-14957

コロンビア人ダンサーの華麗な舞

私はラテンアメリカの音楽やダンスに関心があるため、今回のプレゼンテーションは本当に興味深いものでした。
曲の特徴やリズム、使われている楽器や踊られている地域、様々なことを知ることができました。どの音楽もダンスも似ているようで全く違う点もあって、惹かれる部分も違いました。
 

プロのダンサーによるダンスの披露もあり、その迫力には圧倒されました。

20131018_02senbokuya02-thumb-230x153-14960

気づくと自分も自然と体が動いてしまっていました。最後には、数人の学生を舞台に上げ、即興でダンスの指導までしていただきました。そして、私もその中の1 人として体験することができたのです。

独特なリズムで足を動かしながら同時に腰も動かし左右に移動する。慣れないとすこし難しいものですが、この感覚が私にはたまりませんでした。
すてきな音楽に聞き入りながらダンスを踊ることで現地の人々の気持ちに触れることができた、すばらしい体験でした。

20131018_03senbokuya03-thumb-230x153-14963

最後に舞台で学生達と記念撮影

TOOLS