HOME英米語学科 狩野紀子 ゼミ 心理言語学入門

狩野紀子ゼミ
「心理言語学ゼミナール」

ゼミナールの目的・内容

私たちは、気付かないうちに言語を習得しています。この言語はどのようにして私たちの心に入り込み(あるいは生まれ)、定着していくのでしょうか。また、私たちはどのようにして抽象的な概念や気持ちをことばにのせて他人に伝えたり、他人が発する音声を意味あるメッセージとして理解したりするのでしょうか。この授業では、私たちはどのように言語を習得していくのか、またどのように語や文を理解し、記憶していくのかを、動物のコミュニケーションの方法や野生児の言語習得過程と比較しながら、脳の構造やメカニズム、認知心理の観点から考えていきます。
私たちが普段使っている言葉。それについて深く考えたことはありますか?私たちは言葉とそれを使う人間の心理について研究しています。また、教育に興味のある学生が集まるのもこのゼミの特徴です。キメ細かい狩野先生の指導の下、みんな真剣に学習しています。

狩野紀子ゼミナール 「心理言語学ゼミナール」

3年の前期には、心理言語学の一分野である、言語習得や脳の仕組みなどについての講義を受けます。後期には得た知識をもとに、興味のある分野についてリサーチを行い、パワーポイントにまとめ、発表を行います。クラスメートからもらうコメントは結構勉強になります。4年の前期には、視点や方法を変えて研究や発表を繰り返し、後期には、その集大成として、長谷川ゼミと合同で卒業研究発表会を行います。

狩野ゼミに入ると、言語に関する知識がたくさん得られるだけでなく、人前に立って話す力も身に付けることができます。初めは自分の言葉で伝えて理解してもらうことは難しいと実感しますが、社会では重要なこのスキルが次第に身についていくことが体感できます。教員を目指している、人前で話す特訓がしたい、言語に興味があるといった人はぜひ狩野ゼミのドアを叩いてください。

TOOLS