HOME英米語学科 藤本淳史 ゼミ 英語異文化間コミュニケーション研究

藤本淳史ゼミ
「英語異文化間コミュニケーション研究」

ゼミナールの目的・内容

近年、グローバリゼーションに伴う交通・通信網の発達により、異文化の人々と触れる機会はますます増えてき ています。そこで、このゼミでは、われわれが異文化間の誤解や摩擦を軽減して、より良いコミュニケーションを 図るためにはどのようにしたらよいか、というテーマが研究の中心となります。様々な生活習慣と価値観、文化的 背景、コミュニケーションのスタイルを探るだけではなく、これらの問題から生ずる摩擦の要因を探りコミュニケ ーションを効果的に行うスキルはどのようなものか、といったことに関して研究することを目的とします。
「異文化」と聞いて何を思いますか?異文化は、日本との習慣の違いだけではなく、ジェスチャーや表現の仕方など、日本では当たり前のことが外国では全く違ったりするのです。経済や社会のグローバル化が進む中、異文化を知ることは今や重要になってきていると思います。

私たちはこの「異文化コミュニケーション」のゼミを通して、今まで知らなかった異文化についてたくさん学ぶことが出来き、さらにいろんな国の知識が増えることで世界に対しての視野も広がります。授業はグループでの研究発表やディスカッション、個人でのプレゼンテーションを行うのと同時に、それらを通して就職活動や社会で役に立てる知識と能力を養っています。

藤本淳史ゼミナール 「英語異文化間コミュニケーション研究」

私たちのゼミはグループワークが多いので、あまり知らなかった人同士で話しあったりする機会が多く、男女共に仲が良いです。みんなで、意見を堂々と言い合えるアットホームな雰囲気もあり、楽しみながら学んでいます。 (3年 小澤美穂)

人とコミュニケーションをとるために、大事なのはお互いの文化を理解することです。私たちのゼミでは、国単位の文化だけではなく、より小さな集合体の文化にも目を向けて、主にプレゼンテーションを通して、相互理解を深めています。ところでみなさん!旅行は好きですか?!無知のまま、旅行をしてもその旅行は楽しいだけで終わってしまいます。

私たちはその土地の伝統・文化を調べた上で、自分の行きたい国への旅行計画をたてました。プランを作るにあたって飛行機やホテルの手配をし、観光スケジュールをたてました。何度も発表を繰り返すことで、人前で話したり、自分の意見をまとめる力をつけることもできます。 (4年 森智絵)

TOOLS