英米語学科英米語学科

ホーム > 英米語学科 > ニュース > ニュース > 英米語学科2年生TOEIC平均点、2年連続610点以上を記録

ニュース

英米語学科2年生TOEIC平均点、2年連続610点以上を記録

英米語学科では、年度末に1、2年生のTOEICスコアの平均点を出しています。
1年生は年末に外国語学部主催で実施される団体受験のスコアを基に、2年生は、各自が提出した最高スコアの集計結果を基に算出しています。

なお、この数値には、2年生の長期研修(7か月留学)帰国生のスコアを含んでいません。



2012年度1年生 419 (進級要件導入前)
2013年度1年生 517 (同導入後)
2014年度1年生 480 (同導入後)
2015年度1年生 486 (同導入後)

2012年度2年生 450 (進級要件導入前)
2013年度2年生 506 (同導入前)
2014年度2年生 612 (同導入後)
2015年度2年生 610 (同導入後)



2年生は、進級要件導入後に、100点近く平均点が上がったことが分かります。1年生も60~100点上がっています。
2015年度はTOEIC900 点台、英検準一級を取得した学生数も最高記録を更新しました。
2016年度は3年生のスコアも集計してみたいと思いますので、ご協力よろしくお願いいたします。
※進級要件:英米語学科の学生は、2年終了までにTOEIC500以上を取得すること。
英米語学科

掲載日:2016年04月19日

ホーム > 英米語学科 > ニュース > ニュース > 英米語学科2年生TOEIC平均点、2年連続610点以上を記録

このページの先頭へ