HOME英米語学科 学科の特色

学科の特色

ネイティブ教員の必修クラスは英語オンリー

英語しか使われない授業では集中力が高まり、リスニング力が向上します。また、一方的に「教わる」のではなく、教員やクラス仲間と交流しながら「学ぶ」のが拓大スタイル。教員の研究室でランチをするなど、英語での交流を日常化することでも語学力がぐっとアップします。

ネイティブ教員の必修クラス

TOEIC(R)900点台を取る学生も毎年2ケタ!

英米語学科では、3年生に進級するにはTOEIC500点以上の要件をクリアしなくてはいけません。TOEICを受験することで自分のレベルを把握でき、向上心が刺激されるのもいいところ。スコアが伸びると自信にもつながり、そこから留学への意欲を高める学生も多くいます。

「TOEIC500点」が進級条件

レベルに応じたクラス分けだから安心

入学時点の英語力は、学生によって初級者レベルから上級者までさまざま。そこで、実力の近い人たちでクラスを分けて授業を行います。そのため、さらに上を目指す意欲も生まれ、初級レベルからのスタートで上級者をしのぐ実力を身につける学生も少なくありません。そうした上達のために重要なのが「間違いを恐れない」こと。母語以外の外国語で文法や語法を間違うのは当たり前と思って、恐れずにコミュニケーションをとり続けることで語学は上達します。

レベルに応じたクラス分け

先生×学生対談 英米語学科のココが面白い!

アットホームな環境で、英米語学科の 使える英語が身につきます。

目標があると、頑張れる!TOEIC®500点の進級要件。
大野先生
大野先生(以下O): 今の学生は英文法が苦手っていう人が多いけど、高畑さんはうちのゼミに入る前からよく質問に来ていたよね。
高畑さん
高畑さん(以下T)1年次必修の「英文法」で大野先生の授業を受けて文法って面白いなと。わからないところは授業後に質問して納得するまで理解しようと努めました。いつも結局つまずきがちなのが文法なので、そこを克服することで「読み、書き、話す」にもよい影響を与えると思います。

先生×学生対談_01

大野 英樹准教授
高畑 優梨さん(英米語学科4年 富山県立福岡高等学校出身)
大野先生
O:この学科では3年次への進級要件に「TOEIC500点」が課せられていますね。大変だった?
高畑さん
T:厳しいと思いましたが、目標があるからみんなで頑張れたと思います。むしろなかったらせっかく大学に入ったのに勉強してこなかったって後悔していたかも(笑)。先生方が熱心にサポートしてくださり、点数がとれたことで、自信が持てるようになりました。
大野先生
O:大学生活を充実させるために設定しているんだ。みんな「やればできる!」と気づいて、英語に本気をだして、留学にチャレンジする学生も多いよね。
この学科ではコミュニケーション不足の心配はいらないね。
大野先生
O:英語学ゼミは10人、英米語学科全体でも100人くらいと少人数ですよね。大学生活は楽しい?
高畑さん
T:アットホームな雰囲気で楽しいですね。1年次の必修でネイティブの先生が担当の「Speak&Write」は、毎回隣の席の人と英語で会話するので、スタートから授業を受けながら友達もできました。先生も含めて学生全員、仲が良いって珍しいことでは?
八王子国際キャンパスはリラックスして勉強に集中できる環境なので気に入っています。
大野先生
O:現代は学生の「孤独」や「コミュニケーション不足」が問題視されている時代だけど、この学科ではそういう心配はいらないね。
高畑さん
T:ゼミでは、適当になりがちな「The」や「a」などの冠詞も音楽や映画と一緒に学べて「こんな時に使うのか!」と、楽しみながらしっかり理解できました。
大野先生
O:本来ネイティブの人は文法なんて気にせずに英語を話している。そんな風に自然に使えるといいよね。ところで、高畑さんは将来について考えてる?
高畑さん
T:服飾店のアルバイトをしていて海外のお客さまに英語で対応する機会も多く、人と話すことも好きだと再認識。気づけば英語で話すことに対して全く構えないようになりましたね。身につけた英語を将来仕事でも活かしたいので、できれば富山に戻って、地元の魅力を英語でアピールできるような仕事に就けたらいいなと思っています。
楽しみながら英語学習♪
ゼミの教科書といつも持ち歩いて英語に親しんでいるスマートフォン。「洋画や洋楽も文法がわかると、もっと楽しくなります。(高畑さん)」「Let it go♪とLet it be♪の英語的な違いが知りたい人は聞きに来てください。(大野先生)」

楽しみながら英語学習

TOOLS