HOME中国語学科学科概要 先生×学生対談

先生×学生対談

先生と学生の距離が近いからゼミの話も留学の話もまとめて楽しく!
森下雅洋さん
やりたいだけ伸びることができます

森下 雅洋 さん
東京都・東亜学園高等学校 出身
関口美幸准教授
使える中国語を身につけてほしい

関口 美幸 准教授

コミュニケーション力が大切

森下雅洋さん
森下:先生、関口ゼミは中国ビジネス研究ということでよろしいんでしょうか?
関口美幸准教授
関口:え?今さらそれを聞く?「チャイナ・プラス・ワン」とか発表したじゃない?
森下雅洋さん
森下:調べてきたことや自分の考えをまとめて人前で発表するのは難しかったです。
関口美幸准教授
関口:難しいからやらせてたんだよ。ゼミで簡単なことをやってもしょうがないでしょ。
森下雅洋さん
森下:そうですね。でも、おかげで度胸がついたというか、物怖じしなくなりました。
関口美幸准教授
関口:人前で自分の意見をはっきり言うことができるというのはコミュニケーションの第一歩だと思うよ。ところで森下くんは就活中だけど、どういうところを希望しているの?
森下雅洋さん
森下:中国語を使えるメーカーや商社が希望ですね。具体的には、中国でテイクアウトの包装容器のゴミが社会問題になっているので、包装資材のメーカーに入って、問題解決の役に立ちたいと考えています。
関口美幸准教授
関口:私自身も仕事で中国語を使っていたので分かるけど、4年間で仕事で使える中国語を身につけるのは大変ですよ。発音や文法も大切だけど、商談ができる中国語を使えるようになるためには、商談と似たシチュエーションで授業をするとか、中国ビジネスの経験者を呼んで話を聞くとか、今後はゼミでもそういうことをしていきたいですね。

コミュニケーション力が大切_01

コミュニケーション力が大切_02

失敗しても失うものは何もない

関口美幸准教授
関口:ここ数年、ゼミで学生主体のプロジェクトをやっているんだけど、私はこれを無理に進めたことは一度もないんですよ。でも、プロジェクトをやらないと発表が増えるよ、と言うと、プロジェクトやりましょう!っていう流れになるんですよ(笑)。
森下雅洋さん
森下:なんか学生がうまく乗せられてますね。
関口美幸准教授
関口:でも、やってよかったでしょ?
森下雅洋さん
森下:今回、僕たちは「八王子市観光パンフレット」という小冊子を日本語と中国語で作成して、駅や市役所などに置いてもらおうというプロジェクトを立ち上げたんですけど、いやあ、大変でした!
関口美幸准教授
関口:何が大変だった?
森下雅洋さん
森下:アポなしで取材にいって怒られたりとか、取材許可をもらおうと電話をかけたら、色々な部署をたらいまわしにされたりとか。
関口美幸准教授
関口:みんな、なかなか電話をかけられなかったよね。
森下雅洋さん
森下:そう、そんな時、先生が仰るのは、学生なんだから失敗しても失うものは何もないでしょ?ということ。
関口美幸准教授
関口:社会人になって仕事で失敗したら、クビになっちゃうかもしれないけどね(笑)。
森下雅洋さん
森下:でも、何度か電話を掛けているうちに、企画の説明もうまくなったし、まず電話を掛けて、後から詳しい内容をFAXやメールで連絡するとか、色々な方法を見つけることができました。
関口美幸准教授
関口:失敗したかいがあったじゃないの。それで、八王子市役所の観光課に協力を求めにいった時は、自分で企画書を書いて「こういう意図でガイドブックを作っているのでご協力ください」って交渉できたんだ。
森下雅洋さん
森下:組織の結構上の方が応対してくださって、とても緊張しましたけど、写真を提供してもらえたり、取材先を紹介してもらえたりしました。
関口美幸准教授
関口:いやー、堂々としていたよ。
森下雅洋さん
森下:コミュニケーション能力の重要性が身にしみてよく分かりました。

自分で考えて動ける人に

関口美幸准教授
関口:森下くんは、この大学に来てよかった?
森下雅洋さん
森下:はい、自分から行動できる人は、自分がやりたいことを伸ばすことのできる環境がある点がいいところだと思います。
関口美幸准教授
関口:ゼミの学生プロジェクトはまさにそれだったね。
森下雅洋さん
森下:学生と先生はほぼ対等でしたね。
関口美幸准教授
関口:対等というか、最初の話し合いで、私が出した企画はみんなにボツにされたじゃない。
森下雅洋さん
森下:だって、学生プロジェクトですもん。先生との距離の近さも関口ゼミの魅力です!
関口美幸准教授
関口:これからもさらに自分で考えて動ける人になってください!

TOOLS