HOME中国語学科 趙 昕 教授
教員 
中国語学科長 趙 昕 教授 ZHAO Xin
自己紹介
中国で大学を卒業した後、私費留学生として日本に来ました。当初、せいぜい三、四年のつもりでしたが、「もう少しやりたい」「もう少しやりたい」という気持ちにそそられ、結局、大学院だけでも9年間在籍しました。 来日して二年目、ある大学で五つの開講科目を選んで受講する機会がありました。中国の大学で文芸編集が専攻でしたので、日本近代文学を選びました。そこでいきなり島崎藤村の『破戒』に出会いましたが、中国、それも当時の中国で生活し教育を受けた私にとって、日本文学との付き合いは、それ以降大きな試練となっています。

科目紹介:中国文学概論

中国文学の全体像を理解してもらうのが授業の主な目的です。
ただし、「中国現代文学」という科目もあるため、内容的にはやや古典文学に重点を置いています。
詩、散文、戯曲、小説という四つのジャンルに分けて授業を進めると同時に、中国文学と中国語との関係、他国や地域の文学と比較した上での中国文学の特徴、その特徴の根源の一つである儒教文化、または近・現代文学の屈折や多重性など、特定テーマの講義も行っています。

TOOLS